体験談:保険会社が高圧的に事故の治療費打切りを迫ってきた

保険会社が被害者に優しいとは限らない

交通事故で怪我をして入院せざるを得ない状況でしたが、保険会社から治療費の打ち切りを迫られた事があります。

まるでそれ以外の選択肢がないような態度で、非常に高圧的だったため恐ろしかったのを今でも覚えています。結局同意できないうちに面会時間が終了したため担当者は帰りましたが、泣きそうになりながら家族に連絡をしました。

家族はそれはひどいと言ってくれたため、心の安定を保つためにも法律に詳しい弁護士に相談することにしたのです。

弁護士選びに関してはほとんど家族任せになってしまいましたが、無料でメール相談ができる所などを中心に確認してくれたようです。実際に弁護士さんがきて状況を話したところ、それはおかしいという話になり、保険会社との交渉を受け持ってくれることになりました。

保険会社は保険料の支払いをなるべく避けたいので、高圧的な態度や、選択肢は他にないような態度で治療費の打ち切りを宣言することがあるそうです。しかし、実際には保険会社の都合だけでなく被害者の状況によっても変わるため、一方的に打ち切りを行うことは不可能で、同意をしなければ引き延ばしたり交渉したりする余地があるそうなのです。

被害者は法的な知識や、入院費、慰謝料などの相場に詳しくないことが多く、その場で同意しがちです。しかし、保険会社の提示する条件と弁護士の相場では大きな差が存在するため、迂闊に同意してはいけないそうなのです。

特に弁護士を挟まない被害者は知識がないため足元を見られることがあるということでした。実際に弁護士に依頼して交渉を行ったところ、治療費の支払いを延長することができました。今でも感謝しています。

交通事故に巻き込まれて困ったのが手続きや専門用語の多さ

交通事故の被害者として怪我をしましたのが、うんざりしたのが手続きの多さです。ほとんどが保険会社の担当者が顔を見せて様々な事を言ってきますが、専門用語が多くて非常にわかり辛く、手続きが進んでいる実感が少ないのです。また、理解できない言葉も多いので、その都度聞き直すとイライラした空気が伝わるようでした。

普段から損害賠償や慰謝料という言葉は耳にしても、実際受け取る側や払う側になったことはなく、想像でしかわからない部分もありました。

示談のタイミングなども相談されましたが、怪我が治らないうちに示談と言うのもおかしな話だと思ったので断り続けていましたが、それが幸いした部分もあります。弁護士に相談したところ、示談のタイミングと慰謝料の相場などもしっかり教えてくれたのです。

また、私の怪我の具合からすると保険会社の見積もった金額よりも数割高い慰謝料を請求できることがわかりました。また、示談タイミングはしっかりと納得できる状態になってから良いということで、保険会社との交渉を行ってくれたのです。用語の説明はありましたが、かみ砕いた表現をしてくれたので大分助かりました。

また、直接かかわらない手続きに関してはある程度処理を済ませた状態で書類を持ってきてくれたのも交換がもてた点です。家族も協力してくれたので、専門用語にうなされることもなくなりました。

実際に弁護士を雇って分かったのですが、保険会社は決して被害者の味方ではないということです。もちろん、良い面もあるのでしょうが、全ての人が良い人だとはとても信じられなくなりました。

慰謝料の相場もそうですが、治療費の打ち切りを早めに告げてきた点といい、態度といい、とても優しさを感じられなかったのです。また、弁護士の様な専門家を雇わない限り、身を守る方法は誰も教えてくれないのだと思い知りました。今後、何らかの事故に巻き込まれた際は、まず弁護士に相談しようと思っています。