弁護士の示談交渉で、交通事故の後遺障害等級は跳ね上がる

後遺障害等級で変わる損害保険金

交通事故と後遺障害等級の関連性

自動車や自転車など、車が関連した事故により重篤な症状を患うケースが少なくありません。交通事故の程度によっては、完治した後にも何らかの症状や障害が残ってしまう可能性もあり、仕事だけでなく日常生活にも大きな支障をきたす可能性も考えられます。

こうした、交通事故によって引き起こされる後遺症や後遺障害という重篤な症状を、具体的な等級で表したのが後遺障害等級という制度です。

交通事故によって何らかの障害が発生したと認められた段階で、保険会社によって後遺障害等級が認定されます。そして、後遺障害等級の数値によって、実際に相手方や契約する保険会社から受け取れる損害保険金の額に大きな違いが現れます。

通常は当事者同士、或いは保険会社同士での交渉が基本

後遺障害等級に基づいた交通事故の損害保険金を受け取る場合、実際に損害保険金を支払うのは、事故の加害者側本人か契約している保険会社からとなります。

また、被害を受け後遺障害を患った側も自動車に搭乗していた場合、契約する自動車保険の保険会社を通じた交渉が基本で、保険会社同士、或いは被害者と加害者の当事者同士の交渉によって具体的な慰謝料や損害賠償などの保障額が決定されます。

なぜ弁護士への依頼だけで後遺障害等級と補償額が一気に跳ね上がるのか

示談交渉には法的知識が欠かせない

自動車同士や自動車が絡む交通事故に巻き込まれてしまった場合、受けた被害に対する保障として損害賠償や慰謝料を請求する権利が発生しますが、その具体的な支払い交渉は、素人にとっては非常に煩雑で難しい作業です。

また、確かな法的知識を持たないまま示談交渉を行っても、相手方に対して法に基づいた正当な請求を行える保証は無く、場合によっては、実際に被った被害に到底相当しない割安な後遺障害等級の認定と損害保険金だけに留まってしまうケースも少なくありません。

こうした要素を少しでも排除したいのであれば、法律の専門家である弁護士を通じた示談交渉は、絶対に欠かせないポイントです。

弁護士を通じた交渉で正当な権利を勝ち取れる

交通事故によって引き起こされた被害に対する示談交渉では、法律に基づいた正当な訴えを行うことによって初めて、本来勝ち取るべき利益が得られます。一方、法的知識を持たないままただ闇雲に被害を訴えても、相手方を説得するどころか、逆に補償額が引き下げられる可能性も否めません。

こうしたデメリットを防ぐ上で有効な手段となるのが、弁護士を通じた交渉です。弁護士は交渉のプロであり、また法的知識が求められる示談交渉においてどのような交渉を行うことで、獲得できる保障を最大限に高めることができるかを周知しています。

場合によっては、粘り強い交渉を何度も繰り返し行うことで、交通事故の慰謝料や損害賠償額に大きく作用する後遺障害等級を、被害者が交渉したときよりも更に高い内容で認定させることも十分に可能です。

被害者本人による交渉の4倍以上の補償額を勝ち取ったケースも

交通事故の損害賠償や慰謝料についての示談交渉を被害者本人が行った場合と比べ、弁護士に相談し代理交渉を依頼したことで後遺障害等級が一気に2級以上跳ね上がったケースでは、具体的に加害者側から支払われた損害賠償や慰謝料の総額は4倍以上に昇ったという結果も多く見られます。

このように、法律の専門家でもあり交渉のエキスパートでもある弁護士に相談したかどうかで、その後に受け取れる交通事故の補償額に大きな違いをもたらします。交通事故後の示談交渉で弁護士の存在と実力を活用できるかどうかが、その後の保障の額を大きく左右する重要な要素となり得ます。