示談交渉に弁護士を起用した方がいい理由とは?

交通事故の示談交渉は被害者だけで対応できるものなのか?

皆さんは、交通事故の示談交渉って行ったことがありますか?示談交渉って加害者と被害者の保険会社同士が行うイメージが強いですよね。

でも実際はちょっと違っています。保険会社が登場してくるのは加害者側だけで、被害者側の保険会社が登場してくるなことはほぼないのです。そうなると、示談交渉は「加害者側の保険会社vs交通事故の被害者」ということになります。

しかし、交通事故の被害者だけで示談交渉の対応は上手にできるものなのでしょうか?実際はそこまでスムーズに対応できるものではありません。示談交渉を失敗しないためにも、被害者は弁護士に相談する必要があります。

なぜ弁護士への相談が必要なのか?

「示談交渉は話し合いなんだから被害者だけでも対応できるんじゃないの?」なんて思う人も多いかもしれませんね。しかし、実際の示談交渉というのはそんなに生ぬるいものではありません。弁護士に協力を仰ぐことで一体どのようなメリットがあるのか? 代表的なものを紹介してみたいと思います。

慰謝料の増額が可能

示談交渉で一番重要なのは、損害賠償や慰謝料の金額交渉です。簡単に言ってしまえば、加害者側の保険会社は少しでも払いたくないですし、被害者側は少しでももらいたいと思っています。

法律の専門用語が飛び交う示談交渉で加害者のみ対応していると、法律の知識がないところにつけこんで来ます。

しかし、弁護士が介入していれば話は違うのです。弁護士は法律のあらゆる知識を身につけていますから、つけこんでくる保険会社にまんまと騙されることはありません。だから、きちんと適正な金額で示談することができるのです。

後遺障害等級を獲得しやすい

損害賠償や慰謝料で特に重要となるのは「後遺障害等級」です。後遺障害等級は、交通事故の怪我が、後遺症になってしまった時に支払われる金額のことです。

後遺障害等級はレベルが決められており、そのレベルによって金額が大きく変わってきます。

後遺障害等級は医師の判断によって決められるのですが、保険会社は、あの手この手を使って後遺障害等級が判断される前に示談交渉を終了させようと迫ってくるのです。しかし、弁護士がいれば安心!保険会社の迫ってくる要求にも惑わされることなく、医師と連携をとってくれます。

過失割合を正しく判断させることができる

過失割合とは、「交通事故の過失が、被害者と加害者にどれぐらいあるか?」という割合のことです。被害者側の過失割合が低ければ低いほど、示談の時に強気の姿勢に出ることができます。

しかし、加害者側もなるべく過失割合は低く設定したいと考えていますから、被害者側にも責任があるという訴えをしてくるでしょう。被害者だけが示談交渉に応じている場合は、保険会社の圧力に屈してしまうかもしれません。しかし弁護士が協力していれば、正しい過失割合を判断してくれます。

面倒なやりとりを弁護士が代わりに行ってくれる

示談交渉は想像以上に時間と手間がかかるもの。書類上でのやり取りも多いので、用意しなければならない書類もたくさんあります。

しかし、そんなやり取りはすべて弁護士が担当してくれますから、被害者が示談交渉の場に顔を出すことはほとんどありません。そのため、被害者は怪我の治療だけに専念することができます。

交通事故の全てにおいてサポートしてくれる

弁護士がいれば、示談交渉をスムーズに成功させるだけではなく、交通事故の全てにおいてサポートしてくれます。例えば、示談交渉をしている期間の過ごし方や、病院の適切な通院方法、受けるべき治療内容や、示談が終了した後の過ごし方など、様々です。

弁護士は数多くの交通事故被害者を目撃していますから、このようなアドバイスも可能なんです。だから、弁護士はメンタル面においても強い味方になることでしょう。