交通事故の示談のときに登場する「後遺障害」と「後遺症」とは?

交通事故の示談交渉が始まると、耳慣れない言葉はもちろん似通った言葉がいくつも出てきます。

その違いを曖昧にしてしまうと、示談交渉でも損をしてしまうことになり兼ねません。弁護士さんに依頼すれば教えてくれますが、事前に知っておくと役立ちます。

ここでは「後遺症」と「後遺障害」の違いについて説明していきます。

「後遺障害」と「後遺症」って同じ?それとも違う?

交通事故被害に遭ってしまった場合には、病院で怪我の治療をしてもらわなければいけません。その際に、運悪く後遺症が残ってしまう場合もあります。

後遺症が残るような大怪我の場合、通常の交通事故よりも大きな慰謝料と損害賠償を求めることが可能です。そして示談の際にも後遺障害というキーワードがついて回ります。

後遺症と後遺障害は呼び方が違うだけで同じ意味合いだと思っている人もいますが、実は微妙に違っています。

後遺症と後遺障害の違いとは?

後遺症と後遺障害はどう違っているのでしょうか? 簡単に説明すると以下のようになります。

後遺症とは?

後遺症は、交通事故直後に発生した怪我が治った後も残ってしまう神経症状や機能障害のことを言います。

後遺障害とは?

後遺障害は、交通事故によって負ってしまった以下のようなものが、将来的に治らないことが医学的に認められているものです。

  • 肉体的な怪我
  • 精神的な負担

なおかつ、その怪我を起因として労働力を失ってしまい、自賠法施行令の等級にあたるもののことを指します。

後遺障害は「傷害部分」と「後遺障害部分」に分けられる

後遺障害は、「障害部分」と「後遺障害部分」に分けた上で、別々の損害として請求するのが特徴です。

障害部分に当たる損害請求

「治療費」「交通費」「入院雑費」「付添看護師」「休業損害」「入通院慰謝料」などが該当します。

後遺障害部分にあたる損害請求

「逸失利益」「介護料」「後遺障害慰謝料」などが該当します。

傷害部分と後遺障害部分は「固定症状」を境に決められる

傷害部分と後遺障害部分をはっきりさせるには、固定症状が重要です。

  • 傷害部分:固定症状よりも前の段階
  • 後遺障害部分:固定症状よりも後の段階

ということになっています。

固定症状とは?

後遺障害は、「医学的な意味合い」と「損害賠償金の意味合い」が存在しています。それぞれの意味合いを説明してみたいと思います。

医学的な症状固定

「治療を続けているにも関わらず、確実な改善が見込めない。さらに、これ以上長きにわたって治療にあたっても、回復できない段階」を医学的な症状固定と言います。

例として、むち打ちの状態を上げてみましょう。

薬による治療やリハビリによって事故発生直後より良くなったものの、しばらく経つとまた戻ってしまう。症状が気になるのでまた治療すると少し良くなる。でも、しばらくするとまた元に戻ってしまう。この繰り返しで、これ以上の回復が見込めないというような状況を指します。

損害賠償での症状固定

治療による改善が見込めないのであれば、いつまでも加害者に治療費を負担させるのではなく、治療は一旦終了させます。

残った症状については、後遺障害として損害賠償に組み込んで問題解決しましょうというものです。

症状固定は医師が診断するべき。保険会社の誘いに乗ってはいけない!

怪我の治療というのは、示談交渉を行っている期間に通っているケースがほとんどです。

そうすると、まだ治療期間の真っ最中にもかかわらず、加害者側の保険会社から「治療を打ち切りましょう」とか、「そろそろ症状固定しませんか?」と相談されることがあります。

保険会社からすると、少しでも加害者側が負担する治療費を安く抑えるための思惑が隠されている可能性が高いため注意が必要!

本来、症状固定は医師が診断するべきです。被害者が自ら示談交渉に応じている時には、保険会社がこのように強気な姿勢に出てくるかもしれません。

しかし、それに応じる必要はないです。きちんと医師の判断に従うようにしましょう。

個人での交渉は困難なので弁護士などのプロを味方につける

もし、被害者側に弁護士がついているならば、弁護士は保険会社の要求に応じることなく、冷静な対応をしてくれるはずです。

ほとんどの弁護士は、医師と連携をとって適切なタイミングで症状固定を判断するように進言してくれます。ですから、交通事故の示談を行うときには、弁護士に依頼するというkとがとても大切なことなのです。

自分が加入している保険に「弁護士費用特約」があるか、まずは確認するようにしましょう。