示談する時にとても大事!過失割合の重要性

交通事故の過失割合について

交通事故が発生した場合には、加害者と被害者がいるわけですが、事故が起こってしまった責任がどちらの方に多いのか?に関しては、はっきりさせなければなりません。その過失の割合を「過失割合」と呼んでいます。交通事故というのは、加害者側に必ずしも100%責任がある状況で起きるとは限りません。

被害者側に交通ルールを無視した行動があったとも限らないのです。そんな状況で起こった交通事故でも、過失割合の少ない加害者側が不利になってしまうケースも十分にあります。だから、過失割合ははっきりさせておかないと大きなトラブルにつながるのです。

過失割合においては、普通は自分が加入している保険会社か、相手側の保険会社から「このぐらいの過失割合はどうだろうか?」という相談の連絡が入ります。しかし、大抵の場合は納得いかないというケースの方が多いのです。それで示談交渉が決裂して、交通事故裁判に発展するトラブルもあります。

過失割合を決定しているのは多くの場合保険会社

過失割合は一体誰が決定しているのか? というのはとても大切なことです。

交通事故現場の検証にあたった警察が決めているという印象を持っている人も多いようですが、実際は保険会社が決定しているケースが多いのです。

しかし、示談交渉の際に保険会社が登場してくるのは加害者側だけで、被害者側の保険会社はサポートしてくれないことがほとんど。それだと、被害者はどのように太刀打ちしていけばいいのか? ということになりますよね。

過失割合の大きさによって慰謝料と損害賠償金は大きく変わってきますから、慎重に対応しなければなりません。そこで是非頼りにしたいのが弁護士の存在です。

適正な過失割合を決定したいなら弁護士に相談するのがベスト

示談交渉が決裂してしまうことを考えると、最初から弁護士に相談するのが適切だと言えます。

過失割合に関するトラブルを弁護士に相談するとどのようなメリットがあるのでしょうか? 代表的なものは次のようなものです。

  • 過失割合が白黒つけられる
  • 保険会社の意図が読み取れる
  • 通常の時間よりも不利な数字があれば正してくれる
  • 初めての交通事故トラブルで何をしていいのか分からなくても、最初からサポートしてもらえる
  • 示談交渉に関する手続きはすべて弁護士が代行してくれる

このようなメリットが考えられますので、被害者が1人で悩むのではなく、すぐに弁護士に相談した方がトラブルにならなくて安心です。

過失割合にはパターンがある

過失割合は一体どのように決めていくのか?と言うと、過去に起こった交通事故の裁判例を基準としています。交通事故の過失割合にはいくつかのパターンあり、それを基に決めていくのです。どんなものがあるかと言うと

  • 四輪車と歩行者の交通事故
  • 四輪車同士での交通事故
  • 2輪車と四輪車の交通事故
  • 自転車と四輪車の交通事故
  • 高速道路上での交通事故

などです。

交通事故の現場を写真で証拠として納めておくと有効

交通事故の現場は、なるべく写真で納めておくとよいでしょう。スマートフォンや携帯電話を持っていない人は少ないでしょうから、少しでも構わないので、事故現場を証拠として残しておいてください。

そうすれば、過去の交通事故裁判の例と照らし合わせて、より細い判断が可能になります。稀ではありますが、交通事故が発生した時に、警察を呼ばずに、その場をやり過ごすてしまうケースがあります。これでは、後にトラブルに発展するのは確実です。

もし何かしらの理由があり警察を呼ばなかった場合は、なおさら写真撮影は重要です。事故の車の様子、被害者と加害者の様子、その他の負傷者の様子、道路の状況などを納めておくようにしましょう。