保険会社の言いなりNG!交通事故時の逸失利益や過失割合って何?

保険会社の言いなりになってはいけない

交通事故示談で最もやってはいけないのが、示談交渉の相手である保険会社の言いなりになって示談に応じてしまうことです。

保険会社は支払う示談金を少しでも安くすることを目的に交渉に望んでいます。十分な保証を得たい被害者とは目的そのものが全く異なるため、保険会社の言い分を丸呑みしてしまうと一方的に損をしてしまいます。

うまく言いくるめられないように注意して示談交渉に臨みましょう。

弁護士を味方につける

保険会社の言いなりにならないようにする最もいい方法は、交通事故問題に強い弁護士に味方にすることです。

弁護士は依頼人の利益を最大限引き出すことを目指して保険会社との交渉を代行してくれます。保険会社が提示する不利な示談内容には応じず、同種の交通事故裁判の判例を元に算出した金額を基準に示談交渉を勧めます。

弁護士に依頼すると弁護士費用がかかってしまいますが示談金の増額分を考えれば決して損ではありません。相談無料の弁護士もいますし、経済的に苦しい場合は完全後払いで引き受けてくれる弁護士もいます。まずは無料相談を利用し疑問に思うことを相談してみましょう。

逸失利益と過失割合

交通事故示談で交渉のポイントになるのが「逸失利益」と「過失割合」の二つです。示談交渉はこの二点で合意できるが最大の問題であり、「逸失利益」と「過失割合」で合意形成に成功すれば示談はほぼまとまったとみなして問題ありません。

「逸失利益」と「過失割合」によって損害賠償と慰謝料の金額が決まるので、基本的な知識がないと不利な条件で示談に応じてしまう危険性があります。弁護士に相談すれば全て任せられますが、基本的な知識は知っておいて損はありません。

逸失利益とは本来得られたであろう利益

交通事故示談における逸失利益とは、交通事故の被害者にならなければ本来得られていたであろう利益のことです。交通事故の被害者になってケガをしてしまうと以前と同じような生活を送れなくなることがあります。特に後遺障害が発生するケースでは仕事を続けることができなくなることも少なくありません。

もし事故に合わなければ仕事を続けられて収入を得られていたのに被害にあったせいで収入が失われてしまった、逸失利益とはそのような失われた収入に相当する金銭です。ケガが治るまで仕事を休混なければならない時は休業補償が支払われますが、休業による損害も仕事ができないことで発生した損害なので逸失利益の一種です。

逸失利益の計算方法

逸失利益は事故によって生じた後遺障害の程度と年収を計算して算出されます。後遺障害の等級が重いほど仕事に与える影響も大きくなり逸失利益も増額します。逸失利益の基準となる年収は事故前に得ていた現実収入が用いられるため、芸能人やプロスポーツ選手など被害者の年収が高額な場合は逸失利益もそれに応じた金額が算出されます。未成年や大学生など被害者がまだ就職していない場合は平均賃金を元に逸失利益を計算します。

過失割合とは交通事故の責任割合

過失割合とは、発生した交通事故に対する責任の割合のことです。

過失割合は全体を100とする比で表されどちらか一方のみの責任であれば100:0、加害者と被害者の責任が同程度の場合は50:50になります。

過失割合と過失相殺

過失割合は損害賠償に影響します。交通事故による損害額が1000万円だったとしても被害者は賠償を満額受け取れるわけではありません。実際に支払われる損害賠償額は過失割合に応じて減額された金額になります。

加害者の過失割合が80で被害者20であれば1000万円の80%の800万円、加害者の過失割合が40で被害者60であれば1000万円の40%の400万円が支払われる損害賠償金額です。過失割合に応じて損害賠償額が減少することを過失相殺といいます。過失相殺は示談交渉で最も揉めやすいポイントです。