示談交渉に備えて加入しておきたい自動車保険の弁護士特約

交通事故の示談交渉は弁護士の力が欠かせない

交通事故被害の損害賠償や慰謝料について話しあう示談交渉では、加害者側には代理人として保険会社の担当者が出席してくるのが一般的です。

保険会社の担当者の目的は賠償金や慰謝料をなるべく低い金額に抑えて交渉を成立させることであり、被害を補償するのに十分な金額を提示してきません。不利な条件で示談をまとめられないためにも交渉のプロである弁護士の力を借りましょう。

弁護士を立てると損害賠償と慰謝料の上積みが期待できる

弁護士を代理人に立てる最大のメリットは、損害賠償と慰謝料の上積みが期待できることです。弁護士は保険会社が用いる独自基準ではなく裁判の判決を元に損害賠償と慰謝料を計算し加害者側に示談金を要求します。

弁護士の算出する金額は保険会社の提示額よりもはるかに高く、被害程度によっては数千万円も高額になるケースも珍しくありません。弁護士を立てることで本来もらえる示談金から値切られることなく十分に被害を補償するだけの金額を受け取ることができるでしょう。

弁護士を立てるには報奨金の準備が必要

示談交渉では弁護士を雇うメリットは非常に大きいものですが、ネックになるのが弁護士費用です。

弁護士に報酬を支払っても示談金の上積み分を考えれば十分元は取れるのですが、事故の被害にあってしまってただでさえ経済的にゆとりがない状態なのに、弁護士費用として数十万円もの金銭を工面するのは簡単ではありません。

知り合いに弁護士がいなければ、弁護士探しにも時間と手間がかかってしまうので、いくらメリットが大きいとはいってもそう簡単に弁護士に頼るわけにもいきません。

弁護士探しに役立つ弁護士特約

示談交渉を依頼する弁護士探しに役立つのが、自動車保険に付帯する弁護士特約です。弁護士特約をつけておくと、交通事故で弁護士が必要になったときに弁護士費用や弁護士のあっせんなどを受けることができます。

基本プランに弁護士特約が含まれていない自動車保険が多いので、万一に備えて特約に加入しておくと安心です。

弁護士費用は保険会社が負担

弁護士特約を付けておくと交通事故示談にかかる弁護士費用は保険会社の負担になります。契約内容によっては弁護士費用に上限が設けられていることもあります。

しかし、示談交渉が難航しなければ上限を超えることはまずないので、特約をつけておけば弁護士費用に関する心配はいりません。

弁護士を紹介してもらえる

弁護士費用の補償だけでなく弁護士を紹介してもらえるのも弁護士特約のメリットです。保険会社が契約している交通事故問題に強い専門の弁護士を紹介してもらえるので、示談交渉でも確かな成果が期待できます。

弁護士選びに関して保険会社と相談することもできるので、弁護士のツテがない人でも信頼できる弁護士を味方にできます。

10対0の事故でも弁護士を付けられる

被害者に全く落ち度がなく過失割合が10対0となる事故の場合、被害者側には賠償義務が生じないため保険会社を頼ることはできません。

しかし、弁護士特約に関しては過失割合がゼロの事故でも利用することが可能です。どんな事故でも基本的に弁護士を付けられるので、交通事故の被害にあったらまずは保険会社に連絡をいれ、弁護士特約を利用して弁護士を派遣してもらいましょう。

交通事故以外が対象になることも

保険会社によっては弁護士特約の対象を交通事故に限定せず、日常で発生する事故全般をカバーしているものもあります。

道路を歩行中の事故や家庭内の事故などでも利用できる可能性があるので、交通事故以外の事故被害にあったらまずは保険会社に弁護士特約が利用できるか相談してみましょう。

家族や同乗者にも弁護士が付けられる

弁護士特約は本人が事故被害にあったときだけでなく家族が被害者になった時にも利用できます。

さらに、契約者本人が運転する自動車に同乗中に遭遇した事故被害であれば家族以外の方でも弁護士特約を利用して弁護士を付けられます。