費用倒れナシ!弁護士費用特約の破壊力

ある日突然、交通事故の被害者になったらどうしますか?

交通事故は、何時、誰の身に起こるかわかりません。もし、あなたが交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉を行って、損害賠償金慰謝料を請求しなければなりません。

示談交渉には法律の知識が必要不可欠です。法律の知識に乏しい加害者が、きちんとした示談金を請求する自信があるでしょうか?

ほとんどの被害者は「ノー」だと思います。

交通事故の示談交渉には弁護士の依頼が必要不可欠

きちんとした示談金を獲得したいなら、示談交渉に弁護士に入ってもらうしかありません。

弁護士は法律の専門家ですから、示談交渉を手伝ってもらえるのであれば百人力です。しかし、このときに問題となるのは「弁護士費用」です。はっきり言って弁護士費用は安いものではありません。

交通事故はいつ起きるか分からないものですから、「あらかじめ弁護士費用を日頃から用意している」という人はほとんどいないでしょう。

交通事故の被害にあって、

  • 治療もしなければいけない
  • 示談交渉もしなければいけない

などパニックになっている最中で、弁護士費用も負担しなければいけないというのはナンセンスな話です。

しかし安心してください!弁護士費用を払う必要がない方法が存在しているのです。それは「弁護士費用特約」です。

弁護士費用特約とは?

交通事故の被害者にぜひ使っていただきたいのが「弁護士費用特約」です。

弁護士費用特約は、任意保険についている特約のことで、弁護士費用や法律相談を行うときの費用を保険会社が負担してくれるというものです。弁護士費用特約を使う事で、弁護士費用がほぼゼロに抑えることも夢ではありません。

弁護士費用特約はほとんどの自動車保険会社についています。保険に加入するときには確実に確認しておくようにしましょう。

サポートしてくれる金額はひとつの事故に対して約300万円まで

弁護士費用特約は弁護士費用を300万円まで負担してくれます。

この金額の中には、以下のような費用が入っており幅広くサポートしてくれます。

  • 弁護士費用
  • 司法書士報酬
  • 訴訟費用
  • 仲裁費用
  • 調停費用
  • 和解費用
  • 書類作成費用

これは、被害者の立場から見ればかなり嬉しいサポートです。使わない手はありません!

弁護士費用特約を使えば、弁護士の紹介もしてくれる

弁護士を利用したことがない人も多いと思います。そんな人は、どこの弁護士事務所に相談したらいいのかわかりませんよね。そんな被害者のために、弁護士費用特約は、弁護士の紹介もしてくれるのです。

もちろん、自分で探した弁護士にも弁護士費用特約を使うことはできます。

弁護士費用特約に加入している人が多いが、利用している人が少ない

弁護士費用特約は、加入している人は結構多いにも関わらず、実際に活用している人はかなり低いのが現状です。こんなに便利なサポートなのに、なぜ利用しないのでしょうか?それには次のような背景があるようです。

裁判沙汰は避けたい

慰謝料や損害賠償を請求できる被害者の立場とはいえ、裁判沙汰は避けたいと思うケースが多いようです。そのため、簡単に相手の示談金に応じてしまう事例が多発しています。

しかし、きちんと弁護士を通して示談交渉を行えば、交通事故裁判に発展する前に適切な示談金を受け取ることが可能です。ですから、面倒くさがらずに弁護士に相談するようにしてください。

自分にも過失があるから利用できないと思っている

交通事故の被害者であったとしても、多少は被害者側に原因がある交通事故被害の場合もあるでしょう。そんなケースでは、弁護士費用特約を利用できないと思っている被害者が多いようです。

しかし、実際は被害者側に交通事故の過失があったとしても弁護士費用特約はちゃんと利用できるんです。ただ、保険会社によっては「過失割合はどれぐらいか?」によって判断が変わるかもしれませんので、よく確認してみてください。